英語のハノン

Pocket

最近英語って言わなくなったじゃねぇかとお思いの皆様笑
英単語帳は進んだの? というところですが、結局挫けました…
いや 2300 words あたりの 10 単語がどうしても憶えられなくて、どれくらい憶えられなかったかというと 4時間近く同じ10単語を繰り返して30秒前くらいに見た単語がもうわからん、みたいな状況でした…
まぁ良いやということで今度は「英語のハノン」という本をやってました。ハノンというのは音楽の基本練習の譜面らしくて、英語でもそういうのを作りたいという趣旨のもと作成された本のようです。
面白いか? とか実践的か? と言われると No かなーと思います。
だって文型を置き換えてみようなんて練習、高校のテストかって話で。でも私はこの「文章を適切な塊で口に出す」ことができてないことがわかったので良かったです。
ただこれも途中までは進んでたんですけど、朝子供が起きてきて中断されたり娘がここ最近体調不良が続いてて足踏みです。
 
ちなみにハノンそのものの方が話として面白そうです笑
https://ontomo-mag.com/article/column/hanon01-2019/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です